避難器具(避難はしご)

レスキューラインFX新宿歌舞伎町ビル火災を契機に大幅改正された消防法令を受け、レスキューラインFXは小規模複合用途ビル(特定一階段等防火対象物)向けの「一動作型避難器具」としてラインナップに加わりました。
従来のレスキューラインの特長を継承し、さらに施工性、操作性を追求した製品です。

★国家検定 型式承認取得済み
★固定はしご(展開式)
★FX-3R(L)は第19〜3号 (特例検定)
★FX-3.5,4R(L)は第19〜2号 (特例検定)
★FX-4.5,5R(L)は第18〜1号 (特例検定)

  • 一動作(ワンタッチ)で展張、避難可能になりました。
  • 直列降下方式により、多人数連続避難を実現しました。
  • 外付け避難器具のため、室内空間を圧迫しません。
  • 四方を囲うように展張するはしごと保護バー、固定フックで落下防止措置を講じました
  • 固定はしご方式で、危険の少ない前向き乗り移り方式を実現しました。
  • 下階収納方式の採用で収納操作が楽に。メンテ時の負担も軽減されます。
  • 独自の構造により、壁面への荷重負担を軽減し既存の建物への施工も楽になりました。
  • 収納時は縦棒と固定レールが一体化。コンパクトでスマートな納まりを実現しました。

レスキューラインMD 低層階避難はしご

Rescue Line MD
  • 展張レバーを倒し縦棒を軽く引き出すだけで展張、避難が可能になりました。
  • 壁面に固定されたはしごは揺れが無く、安全でかつ多人数の連続的な避難が可能です。
  • 通常時は収納しておりますので意匠的にもスッキリ。
  • また、地上からは展張できませんので防犯性も万全です。
  • 展張時の張り出しはわずか404mmと非常にコンパクト。
  • 狭い場所への設置も楽になりました。
  • 材質はアルミ、耐久性抜群の避難はしごです。
  • 外付け(壁付け)のため室内空間を圧迫しません。
  • 室内設置型の避難器具に比べ居室も有効に利用できます。
  • 3階建ての特定一階段等防火対象物(小規模複合用途ビル)へも適用が可能です。

Rescue Line

レスキューラインレスキューラインの特徴 歌舞伎町ビル火災(平成13年9月発生)を契機に、消防法令が大幅に改正され、平成15年10月1日から施行されました。

特に小規模複合用途ビル(特定一階段等防火対象物:通称 雑居ビル)については、法令違反の是正規程整備、罰則の強化、避難施設の管理義務など大幅な強化がなされました。

また避難器具については、多人数連続避難を可能にするため簡単な操作(1動作)で避難できる避難器具の設置が義務付けられました。なお、既存の小規模複合用途ビルについては、平成18年10月1日までの猶予期間が設けられ、この期間中に設置することとなりました。

  • この法令改正に対応して開発されたのが新型避難器具「レスキューライン」です。
  • 収納時はコンパクト、使用時はワンタッチで展張
  • 安全性の高い前向き乗り移りの採用
  • 多人数連続避難が可能な画期的な製品です。

★国家検定 型式承認取得済みは第15〜8号
★用途: 避難器具(避難はしご)

急募代理店

ファイブディフェンス

ファイブディフェンス本部

資料請求はこちらから