防滑の仕組みと特徴

ファイブディフェンスの防滑施工は理論的に裏付けられた最新技術の滑り止めです。
防滑効果は3年〜5年(歩行頻度により異なります)で、床・路面自体の磨耗度はほとんど変化しません

防滑加工前(BEFORE) 防滑加工後(AFTER)
防滑加工前通常、床面と足が密着した状態で歩行すると、ガラスの上でも基本的には滑りにくいものです。
しかし床面と足の間に水・油脂成分・土砂などの第三要素が入ると滑りが発生します。
さらに浴場・プールサイドなどは水アカ・水道水・温泉成分等が付着するため、滑りの勢いは更にレベルアップします。
防滑加工後床材表面に7マイクロメートルの穴を無数に開けることにより、水の分子が引き寄せ合い、離れるのを防ぎます。そのため表面張力が働き、滑りにくくなるのです

防滑加工の対応床材

滑り止め加工を行なう現場の状況はさまざまです。
磨きの赤御影石・黒御影石の光沢を残したい、色味を加えたい、ばっちり滑り止めを優先させたいといった様々なニーズに対応するため、現場の床や路面に合う防滑施工溶剤を配合します。

滑り止め施工に対応する床・路面材の例
各種御影石
伊豆若草石
セラミック
十和田石
各割り肌石材
各種大理石
テラゾータイル
磁器タイル
ホーロー

急募代理店

ファイブディフェンス

ファイブディフェンス本部

資料請求はこちらから